美容皮膚科と皮膚科の違いをチェック!

美容皮膚科と皮膚科は肌について取り扱う診療科という点では共通していますが、それぞれに異なる診療内容を持っています。このページでは美容皮膚科と皮膚科の違いについてわかりやすく解説。あなたの肌のお悩みを解消してくれるのはどちらなのか、チェックしてみてくださいね。

美容皮膚科と皮膚科はなにが違う?

美容皮膚科と皮膚科は「目的」「治療範囲」の点で異なります。

美容皮膚科は名前に「美容」が付くことからもわかる通り、肌を美しくすることを目的とした診療科。皮膚科は肌の病気を治療することを目的とした診療科です。

治療範囲も美容皮膚科と皮膚科では違います。美容皮膚科は、お肌のことで悩む患者であれば、たとえ悩みの原因が病気でなくとも対応可能。しわ、たるみ、ニキビ跡などを改善する施術を行なってくれます。

一方、皮膚科は原則として皮膚に病的な異常がみられる場合にしか医療行為を行いません。アトピーや水虫、湿疹などの治療はしてくれますが、「美肌を目的としたスキンケア」には対応できないのです。

「美」を追求した医療を提供するのが美容皮膚科「病気の治療のみ」を行うのが皮膚科、と覚えておきましょう。

皮膚科で治療してくれる症状は?

病気の治療を目的としている皮膚科では基本的に保険が適用される疾患・症状の治療を行ないます。じんましんやアトピー性皮膚炎、やけど、水ぼうそうなどです。飲み薬を処方する「内服治療」と塗り薬を塗布する「外用薬治療」で治していきます。

ニキビの治療もしてくれますが、皮膚科でできるのはニキビの炎症を抑えて完治させるところまで。ニキビ跡が残ってしまっても、皮膚科では基本的に対応できません。治療痕や色素沈着などが気になる場合は美容皮膚科にかかる必要があります。

皮膚科では、ホクロの除去も取り扱っています。ただし、皮膚科のホクロ除去は多くの場合、外科手術であり、手術跡が残ってしまう可能性があります。顔のように目立つ場所のホクロを除去するなら美容皮膚科でレーザーによる施術を受けた方がいいでしょう。

最近では皮膚科と美容皮膚科の両方を行なっているクリニックも増えていますが、「皮膚科で治療できるのは保険が適用できる病気や症状」と考えておけば間違いないでしょう。

最後に皮膚科で治療できる症状の一覧を掲載します。

ホクロやイボの除去 ヘルペス やけど 猫ひっかき病
水虫 うおのめ 凍傷 アトピー性皮膚炎
じんましん あざ クラゲ刺傷 ニキビ治療

美容皮膚科で受けられる診療は?

美容皮膚科では、ヒアルロン酸注射やレーザー脱毛、毛穴治療など肌の美容に関する診療を行なっています。

「病気の治療」ではなく「美容」を目的とした診療であるため、ほとんどが自費診療。皮膚科と同じ肌トラブルを取り扱う場合でも美容皮膚科の治療には基本的に保険が効きません。「治療しなくても健康上の問題はないが、患者にとって悩みやコンプレックスになっている肌トラブル」に対応しているのです。

皮膚科と同じ症状の治療を行なう場合でも、美容皮膚科では「美容」を強く意識した診療が行なわれます。例えばニキビの治療は皮膚科でも行なっていますが、皮膚科では症状そのものを抑えることに注力するのに対し、美容皮膚科では肌にニキビ跡が残らない治療法を選択するのです。

美容皮膚科で取り扱っている診療内容をまとめてみました。

シミ治療 レーザー脱毛 イボ・ホクロ除去 美肌・美白
しわ治療 レーザー治療 毛穴治療 痩身
たるみ治療 ニキビ治療 スキンケア 薄毛治療

皮膚科と美容皮膚科のどちらに行けばいい?

皮膚科と美容皮膚科では医療行為の目的が違います。皮膚科の目的は「皮膚の病気の治療」で、美容皮膚科の目的は「美しい肌の追求」です。そのため、どちらに行くべきかは利用者がなにを求めているかによって変わります。

皮膚科に行くべき人は

  • 皮膚の炎症を治してほしい
  • かゆみが止まらない
  • 肌が痛い

など、皮膚に関して病的な症状が出ている人。

美容皮膚科に行くべき人は

  • アンチエイジングをしたい
  • 跡を残さずニキビを治療したい
  • 傷跡ができないようメスではなくレーザーで治療したい

といった「美しい肌」を目指した治療を求めている人です。

ニキビ治療やイボ・ホクロ除去などは皮膚科でも美容皮膚科でも対応してくれます。しかし、皮膚科がひたすら症状の改善を目指し肌に跡が残るかどうかなど美容面は二の次に考えるのに対し、美容皮膚科は肌を美しく保つことを最重要と考えるのです。

皮膚の病気を治したいのか、美しい肌になりたいのか、自分の目的に合わせて皮膚科と美容皮膚科のどちらに行くか決めましょう。

皮膚科と美容皮膚科のどちらでも治療できる症状

ニキビやイボ、ホクロ、などに関する悩みは皮膚科、美容皮膚科のどちらでも対応してくれます。

ただし、診療内容は大きく異なるので注意が必要です。皮膚科ではこれらの症状を飲み薬や塗り薬、手術などの保険が適用される方法で治療します。

美容皮膚科はレーザーを用いた、自費診療になる治療法で対処。保険が効かない美容皮膚科の方が費用は高額ですが、治療後の美容面が気になる方は美容皮膚科に相談した方がよいでしょう。

ニキビを治療する場合の違い

皮膚科では塗り薬や飲み薬を使ってニキビを治療していきます。

塗り薬でよく使われるのは、ニキビの原因菌を殺菌する成分が入った「アクアチムクリーム」や「ダラシンTゲル」、ニキビを悪化させる毛穴の詰まりを取り除いてくれる「ベピオゲル」や「ディフェリンゲル」などです。

飲み薬には、抗生物質を経口摂取できる「ルリッド」や「ミノマイシン」などがあります。他にもビタミン剤の処方や、男性ホルモンの働きを抑える治療が行われます。いずれの治療法にも保険適用されるのが特徴です。

美容皮膚科のニキビ治療ではレーザーやケミカルピーリングなどを用いるのが一般的。

様々な治療法から跡が残りにくく、再発のしにくい施術を提案してくれます。

ほとんどの治療が自費診療であるため、皮膚科に比べると費用は高額。しかし、多様な施術方法から自分の肌に合ったものを選べるので、「治療後、お肌がキレイな状態に戻るか不安…」「お金がかかってもいいから跡が残らないように治したい」という方は、皮膚科だけでなく美容皮膚科にも相談してみることをおすすめします。

イボ・ホクロ除去を行う場合の違い

イボにはウイルス性のイボや老人性のイボ、小さくて肌色のアクロコルドンなど様々な種類があります。

なかでも若い女性に多いと言われるのはウイルス性のイボ。皮膚科ではウイルス性のイボを液体窒素を使って除去します。マイナス196℃という液体窒素の超低温でイボを破壊するのです。比較的費用が安い治療法で、保険が適用されます。

美容皮膚科は液体窒素による治療法とレーザー治療の併用でイボを除去。よく使われるレーザーは炭酸ガスレーザーです。

レーザー治療をする場合、気を付けなければならないのはウイルス性のイボ。レーザーでウイルス性のイボを破壊すると、ウイルスが飛び散って患部が拡大してしまうこともあります。

美容皮膚科でウイルス性イボを除去する場合はまずは液体窒素で治療し、最後の仕上げとして炭酸ガスレーザーを用いることが多いようです。

皮膚科でのホクロ除去は手術による切除が一般的です。確実にホクロを取り除けますが、傷跡が残ってしまう可能性があるので、顔のように目立つ場所には向かない施術法だといえます。

美容皮膚科ではレーザーを用いてホクロを除去。自費診療のため皮膚科での治療より費用はかかりますが、傷跡が残りにくい施術なので、目立つ場所のホクロを除去したい方にはおすすめです。