小さいものでも直したい!傷跡の治療の方法

顔にけがをした場合は、傷跡が気になるものです。傷跡を気にする人は、男性よりも女性の方が多いですが、そのような場合にはコンプレックスになってしまうため対処法を知っておく必要があります。

どんな小さな傷跡でもコンプレックスになりうる

顔に傷のある仮面

人間は、見た目がすべてではないとは言われているものの、顔はとても大事なパーツの一つとして知られています。本当に見た目が関係ないのであれば、わざわざ美容皮膚科に通い整形を依頼する人もいなくなるでしょう。ところが、実際には美容皮膚科に通い整形をする人も少なくありません。これは、いくら理屈上は顔の善し悪しが関係ないとはいえ、多くの人が自分の顔を気にしていることのあらわれと言えるでしょう。

顔は、人間の中で一番相手に伝わりやすい部分になります。たとえば、体調の悪い人は顔を見るだけで判断することが出来るでしょう。貧血などを起こしそうな人は、顔を見ると青白いのがわかります。

また、笑っている人を見ればその人に何か良いことがあったことが手に取るようにわかるだけでなく、怒っている人がいるとすれば、やはり表情を見ると一発でわかるものです。つまり、顔はその人の心の入り口に当たる部分ですので、判断するときにはまず相手の目を見て顔全体を見ることになります。

そんな顔に傷があったとすれば、コンプレックスになってしまうのは仕方ありません。もし、よく見なければわからないくらい小さな傷跡ならば問題ありませんが、そうでなければまず相手はその部分を見るでしょう。気にしている本人からすれば、相手の目線がどこにあるのかわかってしまうものです。日本人の場合は、直接言葉で伝えず心の中にしまっておく傾向があります。本人がいない場面で他の人とうわさ話などをするときに傷跡の話しになるとすれば、本人はいやがるのは間違いありません。

しかも、顔を隠しながら生きていくことは難しいため常に表に出さなければならない部分ですので、傷跡を見えないようにするためには美容皮膚科などに通い治すことが必要になります。沖縄県にも美容皮膚科はたくさんあるため、まずはインターネットなどで検索してみるのが良いです。

美容皮膚科で傷跡修正をするメリット

傷のある身体

利用皮膚科は、顔の傷跡を修正することができることで有名になります。小さな傷の場合もそうですが、だれが見てもわかるぐらい大きな傷の場合でも修正することは可能になります。美容皮膚科を利用するメリットの一つは、専門の先生がいるため相談しやすいことでしょう。通常は資格を持った医者が運営していますので、何かあった時に相談することができるため安心して通うことができるでしょう。

また、保険がきくこともメリットの一つと言えます。美容整形の場合であれば保険がきかない可能性の方が高いため、もしかしたら美容皮膚科では保険がきかないのではないかと心配する人も少なくありません。ですが、単に目を大きくしたり二重にしたりあるいは鼻を高くする美容整形と異なり、傷跡修正をする場合には、審美に関することではありませんので保険がきくものです。つまり、同じ美容皮膚科の美容整形であっても、審美に関するものには保険がききませんが、やむを得ず治療しなければならないような傷跡やあざなどの部分に関しては保険がききます。

美容皮膚科に行くと、カウンセリングをしてくれることもメリットの一つです。美容皮膚科にいるお医者さんは、単に傷を治すプロフェッショナルだけではありません。当然そこに通ってくる患者さんの多くは、何らかの悩みを持っていることはほとんどです。そのような場合には、患者さんは心の傷を抱えていることが容易に想像できるため、カウンセリングの上手な先生がいることは少なくないでしょう。

特に自分の顔に関しては家族以外に相談することは難しく、他人に相談する場面はほとんどありません。

そんな中で利用を皮膚科の医者であれば、気軽に相談することができ専門的なアドバイスをくれます。専門家にアドバイスを受けることができれば、今後自分の顔がどのように変化していくかを楽しみにすることもできます。

美容皮膚科での傷跡修正の費用・流れ

実際に美容皮膚科で傷跡修正を行う場合には、どのような流れになるかを知っておきましょう。基本的には、最初にカウンセリングを行い、現在の状態を見て判断していきます。あまり特殊な場合であれば美容皮膚科で手術をすることができない可能性はありますが、そうでなければたいてい手術をすることは可能になります。

また、手術をする場合にはどのような結果が生じるかをカウンセリングの段階で教えてくれますので、安心して受けることができます。実際に手術をするとなれば、1日で終わることがほとんどですが、ごくまれに2回にわたり手術をするようなことも少なくありません。その場合には、どのような理由で手術を2回するかを説明してくれることがほとんどですので安心です。

美容皮膚科では、手術が終わり術後経過も先生に尋ねることができ、どのように生活をしたらよいかの指導も受けることが可能です。特にメスを入れた場合などは、1週間ほどは傷がふさがらない状態が続きますので、その時の生活の仕方を教えてもらうことができます。あまり無理をするともう一度糸を入れなければなりませんので、2度手間にならないように気をつけましょう。

美容皮膚科でどれぐらいの費用がかかるかは、非常に重要な関心ごとの一つですが、どのような傷なのかによっても大きく異なるでしょう。基本的に保険がきますので、7割は国の方で負担してくれます。

そのためすべての金額を払う必要はありませんが、小さな傷であれば保険がきいても10万円以内で収まることがほとんどですが、大きな傷になると10万円を超えることも少なくありません。そのため、どれぐらいの金額になるかの説明をすることが難しいですので、実際に美容皮膚科に行きどれぐらいの金額になるかを聞いてみるのが良いです。

例えば、レーザーだけならばわりと早い段階で終わりますが、皮膚移植の場合50万円以上かかることも少なくありません。

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)