知って損はない!美容医療のトラブル回避方法

沖縄の美容皮膚科でもプチ整形などの施術を受ける人が非常に多く見られるようになってきました。しかしよくなるために受けたはずの施術で、トラブルが発生する例も珍しくありません。施術を受ける前には実際にどのようなことが起こりえるのかということと、回避策を学んでおく必要があるでしょう。

プチ整形でよくあるトラブル例

手術道具

プチ整形は通常の大掛かりな整形手術とは異なり、メスを使って切開することもなく体への負担も少ないことから、日帰りで施術を受けることができるという大きなメリットがあります。またダウンタイムも比較的短いものが多く、施術後すぐに仕事や学校に復帰することができるという点も魅力となっているでしょう。

美容皮膚科でのプチ整形のトラブル例としては、まず一つ目に思った通りではない、効果がなかったということが挙げられます。プチ整形の代表的な施術として目を二重にする埋没法が挙げられますが、簡単な施術であることからまぶたが厚めの人などは思った通りの変化が得られなかったというケースも見られます。ヒアルロン酸注射やボトックス注射などもプチ整形では代表的なものと言えますが、注入する量や医師の技術的な点においては、思った通りにいかなかったり効果が得られなかったりというケースも報告されています。

また不自然な状態になってしまったというものもあり、ボトックス注射などでは左右に差が出たり表情がうまく作れなくなったりするなどのトラブルも見られます。メスを使わない施術であっても注射針を使用することがあり、はれや内出血などが出ることも多く考えられ、まれに炎症や細菌感染などの状態に陥ることもあるでしょう。

これらのトラブルの回避策としては、まずカウンセリングを十分に行う必要があります。どんなことにも言えますが、沖縄の美容皮膚科でカウンセリングをしっかり行うことが成功につながるといえるでしょう。美容皮膚科のカウンセリングでは、美容皮膚科の医師の対応を確認できる絶好のチャンスです。美容皮膚科クリニックの雰囲気や施術後の変化などについてたくさんの情報を手に入れておくようにしましょう。そして自分の希望や意見をしっかりと伝えることも大切で、自分の理想がしっかりと伝わなければ、思った通りの結果が得られないことも考えられます。

医療レーザー脱毛でよくあるトラブル例

脱毛の施術を受ける人も目立つようになりましたが、沖縄の美容皮膚科で医療レーザー脱毛を受ける際にも、数々のトラブルがあることを頭に入れておく必要があります。

沖縄の美容皮膚科で医療レーザー脱毛を受ける際によくあるトラブル例としては、まずはひりひり感や赤みが挙げられます。脱毛直後に現れるひりひり感や赤みに関しては個人差が大きく見られますが、医療レーザー脱毛を受けた人の大半に起こりえるといえます。これは医療レーザー脱毛後の自然な炎症反応であり、翌日には落ち着くことが多いのでそれほど心配することはありません。毛の濃い部分を処理した時や、肌が弱い人はひりひり感や赤みが三日ほど続くこともありますが、しっかり保湿をすることで徐々に落ち着いていくことでしょう。

次にやけどや跡が残ってしまったというトラブルも聞かれますが、医療レーザー脱毛を行う際には、レーザーで発する熱で毛にダメージを与え脱毛を促していきます。頻繁に見られることではありませんが、毛と肌の個人差やその日の肌の状態によっては、熱によって周りの肌までもがダメージを受けてしまいやけどを起こすケースが見られます。やけどが跡になってしまった場合には処方された薬を塗りしっかりと保湿を行い、肌が自然に回復することを待つ必要があり、きちんと保湿を行わなければすぐに乾燥し、ニキビなどの毛穴の炎症なども発生しやすくなります。未然に防ぐためにもしっかりと保湿を行い、清潔な下着や衣類、シーツなどを使うことが非常に大切です。

また医療レーザー脱毛でのトラブルは出力などの問題もありますが、時には施術を受ける自分自身に原因がある時もあります。その原因には保湿不足や日焼け、クリニックで教えられた指示を守らなかったケースなどがあげられます。これらは美容皮膚科からの指示をしっかりと聞いておけば防げるケースなので、自分でも努力を怠らないようにしましょう。

ワキガ治療でよくあるトラブル例

手術の様子

沖縄の美容皮膚科ではワキガを治療する人も増えてきていますが、ワキガを治療するということはいち早くワキガを抑えることができるというメリットを持つ半面、失敗やトラブルが起こる可能性はゼロとは言い切れません。

沖縄の美容皮膚科でワキガ治療を受けることで起こりえるトラブルとしては、最初ににおいが強くなったり、再発したりするケースが挙げられます。これは美容皮膚科の医師の技術の問題であることが多く、わきが治療では汗腺の除去をすることとなりますが、取り残した汗腺の数があまりにも多い場合にはにおいが消えることがなく、人によっては施術の前よりもにおいがきつくなってしまうケースも見られます。また取り残しが少しでもあるとにおいが再発しやすくなってしまいます。

脇の汗腺を除去することでほかの部分の汗の量が増えたというケースや、汗腺と一緒に毛根を取り除いてしまいそれによりワキ毛の量が減少して、もともと薄い人の場合には毛がなくなってしまったという事例も報告されています。

そしてメスを使用する施術の場合には、カサブタや色素沈着などの傷跡が残る可能性は避けて通れない部分でもあります。メスを使った施術方法は効果の高いわきが治療といわれていますが、広範囲を切り開くことによって傷が残るというリスクを理解しておかなければならず、切開手術を行った場合にはむくみやしびれなどの副作用がおこることも見られます。

これらの回避策としては、しっかりと評判のある信頼できる利用皮膚科を選ぶことで、その可能性を最小限にすることができるでしょう。トラブルが起こると精神的なダメージも強く、場合によっては仕事や生活に支障をきたすこともあるため、このような事態にならないためにも病院選びは慎重に行う必要があります。信頼のできる病院で、自分で一番合った施術方法を相談して、納得した上で施術を受けるようにしましょう。

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)