クマ治療

ここでは目の下にできるクマの種類と治療法について紹介しています。クマができると実年齢よりも上に見られるもの。原因と治療方法を把握し、早めに治療するのがベストです。沖縄でクマ治療を行っているクリニックをまとめているので、クマで悩んでいる方は参考にしてみてくださいね。

目の下にできるクマには3種類ある

目の下にできるクマは大きく分けて3種類。それぞれ黒クマ、茶クマ、青クマと呼ばれ、日焼けや加齢、肌のハリの減少などさまざまな要因によって生じます。治療法もそれぞれ違うため、間違った対処をしてしまうとクマを悪化させることになりかねません。

ここでは、それぞれのクマについて特徴や原因、治療方法をまとめました。

目の下にできるクマをそのままにしておくと、老けて見られたり顔の印象を暗くしたりと、顔全体の印象も下がるばかり。いつまでも若々しく見られるように、それぞれのクマに合ったケアを行いましょう。

目の下が黒く見える黒クマとは

目の周りが黒ずんで見えてしまう黒クマ。複数のたるみ症状が起こり目の下がぷっくり膨らんでしまうため、凹凸ができて黒く見えるのが特徴。目の下に影ができてしまいます。影なのでシミのようにコンシーラーやメイクで隠すことが難しいクマです。

黒クマの原因

黒クマができる原因は、生まれつき目の下の脂肪が少なく皮膚がたるんだり加齢で脂肪が縮んだりすることです。また、目の下の脂肪を支えている筋肉が年とともにたるんでできる場合もあります。

脂肪の量やたるみの度合いによって治療法は違いますが、脂肪を除去したりたるみの原因を取り除いたりすれば確実に改善できるでしょう。

黒クマの治療方法

ヒアルロン酸注射

目の下の脂肪が少ない方やへこみが目立つ方は、へこんでいる部位にヒアルロン酸注射をすることで凹凸による影を無くし、黒クマを改善できます。

外科手術

たるみがひどくヒアルロン酸やレーザー治療でも改善できない場合、美容外科で手術を受けましょう。目の下の脂肪を取る脱脂術やたるみを取るハムラ法を受けることで、たるみと脂肪がなくなり黒クマを解消できます。

茶色く色素沈着してしまう茶クマとは

茶クマとはその名の通り、目の周りに茶色のクマができてしまう症状です。目の下が暗くなり、メイクをしていなくてもアイシャドウを塗ったように見えるのが特徴。メイクで隠せますが、クマが濃くなると目の下が黒ずんでいくため、パンダのような目元になってしまうこともあります。

茶クマの原因

茶クマは大きく分けて2種類。シミや色素沈着によるものとシワによるものがあります。

シミや色素沈着でできたクマは肝斑や日焼け、目のこすりすぎなどが原因。そのため、改善するには沈着したメラニン色素を除去する必要があります。

シワによるクマは加齢によってコラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、肌のハリが無くなることが原因です。ハリが無くなった皮膚がシワになり、目の下に影を作ることでクマができます。肌のハリを改善することで治療が可能です。

どちらなのかは目の下を引っ張ることで判別可能。目の下を軽く伸ばしてみて薄くなればシワ、変わらなければシミや色素沈着が原因です。

治療方法

注入治療

肌のハリが無くなることでできる茶クマは、美容成分や代謝を活性化する成分を含んだ注射が効果的です。肌のハリをアップさせ、クマの原因になっている小ジワをなくしてくれます。

外用薬

シミ・色素沈着によるクマにビタミンC誘導効果があるハイドロキノンやトラネキネム酸などが有効。メラニンの生産を抑え、身体の内側からシミを改善します。

レーザー治療

シミや色素沈着でできるクマは、メラニン色素を除去する効果があるレーザー治療で治すことができます。ただし、原因が肝斑なのか後天性のシミなのかによって照射するレーザーが変わるため注意しましょう。

目の下の血管が透ける?青クマとは

青クマは目の周りの血行が悪くなることで引き起こされます。目の下の薄い皮膚から毛細血管や目の周りの筋肉が透けて目の下が青っぽくなるため、顔色が悪く見えるのが特徴です。

青クマの原因

青クマの原因は目の周りの血流が滞り、毛細血管や筋肉が透けてしまうことです。冷えや睡眠不足、目の疲れなどいくつか原因がありますが、主に生活習慣が乱れている方に起こりやすいといわれています。

治療方法

レーザー治療

筋膜に直接レーザーを当てることで、皮膚のハリや皮膚代謝を高めて茶クマを改善することが可能です。茶クマの原因である小ジワがなくなるので、若々しい目元になります。

注入治療

美容成分を含んだ注射を打つことで目の下の血流を促進し、小ジワやハリ不足を解消してくれます。

外用薬

血行促進効果のあるビタミンK入りのメディカルコスメを使うことで、血行を良くしてクマを改善します。

マッサージやホットパック

目の周りをマッサージしたり、ホットパックしたりして血流を良くすることで、青クマが改善できます。

クマを綺麗に改善!クリニックの治療法

クマを改善するには、それぞれの種類に合った治療法を選ぶのが大切です。合わない治療を選んでしまうと逆にクマを悪化させてしまうこともあるため、注意してください。

ここでは、クマの治療法を「注射・注入系治療」「レーザー治療」の2つに分けてまとめています。それぞれの特徴や適したクマの種類を覚えて、クマ治療に役立てましょう。

注射・注入系の治療

注射・注入系のクマ治療は主にヒアルロン酸や各種美容成分を注入する水光注射を行ないます。たるみ改善や血行促進など注射の種類によってさまざまな効果があり、複数の種類のクマ治療をするのに効果的です。最近では自分の細胞から抽出した成長因子の注入治療も登場。拒絶反応が起こりにくく負担が少ないクマ治療ができるようになっています。

注射・注入での治療に向いているのは黒クマや茶クマ。黒クマのたるみ改善にはヒアルロン酸や成長因子、肌のハリ減少には美容成分が多く含まれる注射が有効です。

注射・注入系治療の流れ

目の下のクマ治療は、黒クマかその他のクマかで治療方法が分かれます。

黒クマの場合は目の下のたるみや脂肪の少なさが原因なので、脂肪の少ない目の下を埋めるためにヒアルロン酸注射を行ないます。もともと体内にあるヒアルロン酸と結合して皮膚がふくらむため、たるんだ皮膚を元に戻すことが可能です。

茶クマや青クマの場合は水光注射やビタミンを含む注射が効果的。シミの抑制や血行促進などを行い体内からクマを改善します。ただし、完全に改善するのは難しいため、レーザーやフォトフェイシャルと組み合わせて受けましょう。

レーザー治療

レーザーを繰り返し照射することでクマを薄くする治療法です。この治療と相性が良いのは「茶クマ」。照射すると、皮膚細胞を必要以上に傷つけることなくメラニン色素だけを破壊してくれます。

茶クマの原因はメラニン色素の蓄積なので、レーザー治療をすることで高い効果が期待できるでしょう。クマのメラニン色素だけに反応するので、照射した後の腫れや火傷のリスクは低め。光治療と比べて肌ダメージが少ない治療なので、デリケートな目の周りの皮膚への照射も問題ありません。

レーザー治療の流れ

目の下のクマ治療で用いられる代表的なレーザー治療の種類はQスイッチYAGレーザー。QスイッチYAGレーザーは、最近できたばかりの薄い茶クマ向けの治療です。レーザートーニングは真皮のメラニン色素までレーザーが届くので、濃い茶クマに向いています。

施術方法はクリニックによって異なりますが、レーザーを照射した後の肌はダメージを受けてデリケートになっているので、日焼け対策が必須。紫外線を浴びると炎症による色素沈着が起こります。日傘や帽子、サングラス、日焼け止め効果のあるファンデーション、飲む日焼け止めなどで日焼け対策を行ないましょう。

沖縄でクマ治療を行っているクリニック

ここでは、沖縄でクマ治療を行っているクリニックをエリアごとに紹介しています。

那覇市

表参道スキンクリニック沖縄院

施術方法 ・ヒアルロン酸注射
・QスイッチYAGレーザー
クマ治療の料金 ・ヒアルロン酸注射1cc 120,000円(眼瞼周囲)
・レーザートーニング 1回40,000円
診療時間 12:00~20:00(火~土)、11:00~19:00(日・祝)
所在地 沖縄県那覇市松尾2-8-19ドンキホーテ国際通り店ビル5F

クローバー美容クリニック

施術方法 ・ヒアルロン酸注射
・レーザー治療
クマ治療の料金 ・ヒアルロン酸注射
通常型0.1cc 11,000円
長期型0.1cc 16,500円
・レーザー治療 1回16,500円~(顔全体)
診療時間 10:00~19:00
所在地 沖縄県那覇市おもろまち4-17-21 ケイエムビル3F

ジョウクリニック那覇院

施術方法 ・ヒアルロン酸注射
クマ治療の料金 ・ヒアルロン酸注射:目元 128,000円
診療時間 10:00~19:00
所在地 沖縄県那覇市牧志2-18-7 共伸産業ビル5F

品川スキンクリニック沖縄院

施術方法 ・レーザー治療
・外用薬
クマ治療の料金 ・レーザー治療
1回4,800~8,500円(顔全体)
・外用薬
トラネキネム酸90錠 2,910円
ルミキシル30ml 15,000円
診療時間 10:00~19:00
所在地 沖縄県那覇市おもろまち1-1-12 那覇新都心センタービル

当山美容形成外科

施術方法 ・レーザー治療
・外用薬
クマ治療の料金 ・レーザー治療 1回5,000円~
・外用薬
ティーマイン 15,000円
HQコーンシーラー 3,000円
診療時間 9:00~12:00/14:00~18:00(土曜日は17:00まで)
所在地 沖縄県那覇市久茂地2-11-18

クリア・スキンクリニック

※2018年に閉院しました

施術方法 ・Qスイッチルビーレーザー
・QスイッチYAGレーザー
クマ治療の料金 記載なし(詳細はクリニックにお問い合わせください)
診療時間 9:00~18:00
所在地 沖縄県那覇市安里2-9-8 サンステーションビル2F

湘南美容外科 那覇院

施術方法 ・ヒアルロン酸注射
クマ治療の料金 ・ヒアルロン酸注射1cc 38,470円~
診療時間 10:00~19:00
所在地 沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル 2F

宮城美容外科クリニック

施術方法 ・Qスイッチレーザー
・外用薬
クマ治療の料金 ・Qスイッチレーザー1回 3,000円~
・外用薬
トレチノイン酸・ハイドロキノン療法 6,400円~
診療時間 10:30~12:00/13:00~18:00
所在地 沖縄県那覇市前島2-2-1

沖縄市

ヘシキ形成外科クリニック

施術方法 ・Q-YAGレーザー
クマ治療の料金 ・Q-YAGレーザー1cm 8,640円
診療時間 9:00~12:00/14:00~18:00(木曜日は12:00、土曜日は17:00まで)
所在地 沖縄県沖縄市泡瀬4-40-1

宜野湾市

新垣形成外科

施術方法 ・ヒアルロン酸注射
クマ治療の料金 ・ヒアルロン酸注射 95,000円
診療時間 9:30~12:30/14:00~17:30
所在地 沖縄県宜野湾市字宇地泊729

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)