気になるレーザー脱毛の痛みを徹底解説!

レーザー脱毛を検討する際、特に気になるのが痛みではないでしょうか。痛みが不安でなかなかレーザー脱毛に踏み切れないという方も多いはず。

こちらでは、気になるレーザー脱毛の痛みについて、詳しく解説していきます。

レーザー脱毛の痛みを徹底解明!

「ゴムではじかれたような痛み」と表現されることが多いレーザー脱毛ですが、痛みの強さは個人差で大きく異なります。

人によっては「想像していたより平気だった」という方や「歯を食いしばってしまうほど痛かった」という方までいらっしゃるそうです。

レーザー脱毛はどうして痛いの?

毛根に熱ダメージを与えて破壊し、発毛を阻止する脱毛施術。レーザーの照射パワーが強ければ強いほど、肌へのダメージが大きく、強い痛みが出てしまいます。

一般的に医療機関で行うレーザー脱毛は、エステサロンで行う光脱毛よりも照射パワーが強く、それだけ脱毛効果が高いのが特徴です。

レーザー脱毛の痛みには個人差があり、毛量や肌の状態によって異なります。特に痛みが出やすいのは以下のような特徴を持つ方です。

ムダ毛の量が多い方

毛が濃い方の場合、レーザーが作用する毛根の量が多いので肌への刺激が強く、より強い痛みが出ます。

でもご安心を。脱毛を進めていくうちにムダ毛の量が減り、痛みもなくなってきます。

乾燥肌の方

肌が乾燥している場合、肌を守るためのバリア機能が弱まっているため、熱エネルギーによるダメージがより強くなってしまいます。

痛みを軽減させるためには脱毛後だけでなく、毎日の保湿といったお肌ケアが重要です。

体調が優れない方

体調が悪い時は痛みに敏感で、普段の脱毛時より強い痛みを感じることがあるそう。また、肌がデリケートな状態になっている生理前後も痛みを感じやすくなるため、不安な方は日にちをずらして脱毛施術を受けるようにしましょう。

痛みを感じやすいのはどの部位?

脱毛施術の痛みは、部位によって大きく左右されます。強い痛みが出やすいのは、太く濃い毛が密集している部分や皮膚が薄い箇所。

こちらでは、痛みが出やすい部位を具体的に説明します。

デリケートゾーン

VIOは太い毛が密集しているため、特に痛みが強い部位です。粘膜に近い場所にあり、皮膚が薄いことも痛みが強い理由の1つ。下着との摩擦によって色素が沈着している場合や乾燥している場合も痛みが出やすいので、きちんと保湿ケアをしましょう。

ワキ

デリケートゾーンと同様に、太い毛が密集しているワキも強い痛みが出やすい箇所の1つ。皮膚が薄いことに加え、何度も行ってきた自己処理のせいで肌ダメージが蓄積されているため、痛みを感じやすいそうです。

ヒザ

意外と痛みが強いのが、太くて固い毛が生えやすいヒザの脱毛。脂肪量が少なく骨に近い部分のため、レーザーの刺激が伝わりやすく痛みを敏感に感じてしまいます。

眉の下や頬、鼻の下も強い痛みが出やすい箇所です。薄い毛は、照射パワーが弱いと効果が得られないそう。顔のムダ毛は産毛が多いため、照射パワーを強くして施術を行うのですが、皮膚が薄いので痛みが強く出てしまうのです。

クリニックが行っているレーザー脱毛の痛みを軽減する工夫とは

レーザー脱毛の痛みを軽減するために、脱毛クリニックではさまざまな工夫がとられています。

一部のクリニックでは、痛みが少ない脱毛機器やスピーディーに施術が終えられる脱毛機器を導入。また、肌を冷やしながら施術を行うことで、ダメージの軽減や熱によるヤケドを防止しているところもあります。

「どれくらい痛いのかが気になって、レーザー脱毛に踏み切れない」という方には、テスト照射を無料で行ってくれるクリニックがおすすめ。「これくらいの痛みなんだ」と知ることで、最後の1歩を踏み出せるようになりますよ。

どうしても痛みが不安という方や痛みに弱い方は、麻酔を使用することで痛みを軽減することができます。オプションで麻酔を付けられるか、事前に確認しておくと良いでしょう。

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)