毛穴治療

ここでは毛穴のトラブルの種類と治療法について紹介しています。年齢に比例するように、お肌のトラブルは増えていきますが、毛穴も例外ではありません。「最近毛穴が黒ずんできた」とか「なんだか毛穴が広がってきた」と感じる人は、自分の毛穴の状態をチェックしてみましょう。

汚い毛穴から脱却!あなたの毛穴はどれに当てはまる?

まずはいくつかある毛穴トラブルの種類を知りましょう。

毛穴の症状によって原因やケアの方法、治療法は変わってきます。

自分の毛穴の状態を知らずに見当違いの対策をしていても、あまり効果は得られません。キレイな毛穴を目指すために、それぞれの毛穴トラブルを知りましょう。

黒ずみ毛穴

黒ずみ毛穴になってしまう原因はいくつかあります。主な種類は以下の4つです。

汚れが詰まっている

落ち切っていないメイクや古い角質、皮脂が原因。肌の状態はザラザラしています。

皮脂が多い

皮脂により毛穴が汚れてしまっている状態です。分泌される皮脂の量と新陳代謝のバランスがうまくとれていないことで起こります。

毛穴が広がっている

肌の保湿が足りていない状態。肌を守ろうとして皮脂が過剰に分泌され、毛穴が広がって影ができ黒ずんで見えます。

メラニンの蓄積

紫外線や肌への強い刺激、過度なケアが原因。毛穴に汚れが詰まっていないにもかかわらず、黒ずんで見えます。

角栓毛穴

角栓毛穴とは、角栓が毛穴に詰まっている状態のことです。角栓毛穴になる原因は、肌の表面を覆う角質と皮脂にあります。

  • 肌に古い角質が残る
  • 古い角質と皮脂が合わさり角栓になる
  • 角栓が毛穴に詰まり、ふさいでしまう

角質は肌の代謝によって出てくるもので、防ぎようがありません。そのため角栓毛穴を予防するには、日頃のケアが大切になってきます。

たるみ毛穴・帯状毛穴

年齢によって皮膚が垂れ下がり、それに伴って毛穴が縦に伸びてしまった状態をたるみ毛穴と言います。たるみ毛穴が悪化すると、たるんだ毛穴同士がつながる帯状毛穴になることも…。帯状毛穴がひどくなると小さなしわになり、そのまま放っておくとほうれい線などの大きなしわになってしまいます。

たるみ毛穴や帯状毛穴は、肌のハリを意識してケアすることで予防が可能です。うるおいが逃げないように保湿したり、UVケアをするようにしてくださいね。

ニキビ毛穴

ニキビ毛穴とは、広がった毛穴の中に雑菌が入り込んでしまい、肌が炎症を起こしている毛穴のことです。自分でニキビをつぶしてしまう人や、普段からニキビができやすい人がニキビ毛穴になりやすいので、日頃から洗顔やスキンケアを心がけましょう。

ニキビ治療について詳しくはこちら>>

症状別に見る毛穴の治療法

ここからは4つの治療法について、特徴を解説していきます。

毛穴に関するトラブルの原因はいくつかあり、症状によって治療法は変わってきます。症状によっては効果がない、下手をすれば逆効果になってしまう治療法もあるので注意が必要です。

もし自分自身の毛穴トラブルの原因がわからない場合には、美容皮膚科やクリニックなどで肌の状態をチェックしてもらいましょう。

フラクショナルレーザー

レーザーを照射し肌に小さい穴をあける治療法です。無数にあいた穴は治癒の過程で正常な組織へと生まれ変わります。

肌の凸凹の改善やたるみ、ニキビ跡に効果的な治療法で、ほうれい線を和らげる治療や、エイジングケアとしても取り入れられています。

ダウンタイムは照射後3日から、人によっては1週間ほどです。

レーザーピーリング

肌の内側にレーザーを照射することで    細胞を刺激し、コラーゲンの生成を促進。毛穴内部のターンオーバーによって汚れや角質を取り除き、コラーゲンの働きによって毛穴を引き締めます。

古い角質を除去することによって肌ツヤ、肌のハリが良くなるので、ニキビ毛穴やたるみ毛穴に効果的です。

レーザーピーリングにはダウンタイムがほぼないため、数時間後にはメイクができます。継続的に施術を受けることで、高い効果が得られる治療法です。

ケミカルピーリング

フルーツ酸やグリコール酸、乳酸といった薬液を用いて角質を溶かし、ターンオーバー(新陳代謝)を促して肌の表面を生まれ変わらせる治療法です。

肌に残った角質や汚れを除去してくれるので、角栓毛穴の症状がある人におすすめ。

強めの酸を使った治療なので、数時間~1日ほど痛みや赤みが残ります。治療後は肌がかさつくため、保湿は欠かさないようにしましょう。

イオン導入

微弱な電流を肌に流し、美容成分を肌の奥深くに浸透させる治療法。肌の状態によって美容成分を変えることができ、他の治療に比べ肌への刺激も少ないです。

美白効果のあるとされるビタミンCを使用することで、メラニンの蓄積による黒ずみ毛穴にアプローチします。

治療中の痛みは多少ありますが、治療後のダウンタイムはほとんどありません。