沖縄でも受けられる脂肪溶解注射とは?

皮下脂肪に薬剤を注入するだけで痩身効果を期待できる脂肪溶解注射。こちらでは脂肪溶解注射の効果や特徴、沖縄で脂肪溶解注射を実施しているクリニックを紹介しています。脂肪溶解注射を考えていて沖縄のクリニックを探している人は、ぜひ参考にしてください。

メスが必要ない脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射は、皮下脂肪に特別な薬剤を注射して脂肪細胞を破壊するダイエット治療法。注射した薬剤が破壊した脂肪細胞を液体化して体の外へ排泄します。

注射をするだけでメスを使った手術が必要ないため、体に負担がかかりません。ダイエットしても細くなりにくい、あご下・二の腕・下っ腹・太ももの内側などに効果を期待できます。

脂肪溶解注射とメソセラピーについて

脂肪溶解注射のことをメソセラピーとも呼びます。メソセラピーとは、皮下に薬剤を注入する治療方法の総称のこと。薬剤をピンポイントで皮下に注入して、リンパ・血流・免疫システムを促進する治療方法です。

脂肪溶解のようなダイエット効果以外に、皮膚の若返り・シワやタルミの改善・ニキビ治療・脱毛症治療などにもメソセラピーが用いられています。

脂肪溶解注射の種類

脂肪溶解注射で注入する薬剤には、さまざまな種類があります。主にPPCやDOC、BNLSという成分の薬剤を使用。こちらでは脂肪溶解注射に使われる3種類の成分について紹介します。

PPC

PPCは、脂質代謝をアップしてコレステロールを溶かす作用を持っています。もともとは脂肪肝・高脂血症の治療に用いられていた成分。この薬剤を皮下脂肪に直接注射することで、浸透した部分の脂肪細胞を破壊します。

破壊した脂肪は液体化され、1~3ヵ月ほどで尿として体外へ排出。注射した部分だけの脂肪を減らすことができるため、部分痩せに効果的です。

DOC

DOCは脂肪を溶けやすくする乳化剤としての働きを持っています。

脂肪細胞の細胞膜を破壊して、脂肪の減少をサポートする成分です。脂肪溶解注射の際に注入する薬剤に含まれています。

BNLS

BNLSは植物由来の成分を配合した薬剤で、海藻やサボテン、クルミなどに含まれています。

脂肪分解だけではなく、肌再生や血管の弾力性・循環をアップするため、輪郭の脂肪溶解注射として用いられているのが特徴。リンパの流れの改善にも効果があり、分解した脂肪やたまっている老廃物の排出を促します。

PPCとDOCを配合した薬剤の効果や特徴

PPCとDOCが含まれている薬剤は、メソラインスリムやリバイタルセルフォームなどです。脂肪を乳化して溶けやすくした上で脂肪を破壊します。PPCとDOC以外にアミノ酸やビタミン剤を配合しているため、新陳代謝を促進して脂肪燃焼が可能です。

ただ、DOCを含んでいるので、腫れやかゆみなどの副作用があると考えられています。副作用が発症した場合は、局所を冷やしたり鎮痛薬を服用したりして対処しましょう。副作用は数日で治まります。

クリニックによって取り扱っている薬剤の種類が違っていたり、「ペリカン注射」のようにオリジナルの名前を付けていたりするので、事前に注入する薬剤を確認しましょう。

BNLSの効果と成分

PPCとDOCを含まない薬剤で一番有名なのが、顔の脂肪溶解注射によく用いられているBNLS。従来の脂肪溶解注射で最大のネックだった痛みや腫れ、むくみなどのダウンタイムを軽減する成分が含まれている薬剤です。

こちらではBNLSに含まれている成分の効果についてまとめました。

  • セイヨウトチノキ
    マロニエと呼ばれるサボテンの種子から抽出したエキス。血行促進・肌の引き締め作用があり、セルライト除去やむくみ改善の効果を期待できます。
  • ペアシアグルミ
    クルミから抽出したペアシアグルミには、オメガ3脂肪酸が含まれています。血液の流れを改善して新陳代謝を活性化する働きを持つ成分です。
  • アデノシン三リン酸(ATP)
    エネルギーを生産し、細胞への栄養供給を増やすため、細胞機能を活発にする働きを持つ成分です。血管を拡張して血流を改善する効果も期待できます。
  • ヒバマタ(海藻)抽出物
    ミネラル・コラーゲン・アミノ酸を豊富に含まれる海藻から抽出したエキスです。脂肪燃焼をサポートして新陳代謝を活性化する成分を含有。老化防止の効果もあります。
  • オキナグサ
    抗炎症作用や創傷治癒作用、肌再生作用を持っているため、腫れやむくみなどを軽減できる成分です。

脂肪溶解注射で得られる効果とは?

脂肪溶解注射の効果

脂肪溶解注射はお腹周りや太ももなど、脂肪がつきやすい部分のダイエットに効果的です。時間をかけて脂肪を減らせるので、自然な形で痩せることができます。脂肪吸引施術でデコボコになってしまった皮膚をキレイな状態に戻す治療にも用いられているほど。

運動だけではなかなか落ちないセルライトを溶かして除去したり、薬剤に含まれている成分により新陳代謝を活性化したりできます。他にも脂肪細胞を破壊できるため、痩せやすい体質に近づけることも可能です。

脂肪溶解注射の部位別の効果

脂肪溶解注射は、皮下脂肪がついている部位に薬剤を注入できます。主に効果が出やすい部位は顔・あご下・二の腕・お腹・太ももの内側です。BNLSは術後の腫れが少ないので、輪郭をシャープにしたい人に人気があります。

効果を最大に発揮するため

  • 注射する量
    BNLSの場合、500円玉程度の大きさの範囲なら1~2ccほどが◎。一方、PPCとDOCを配合した薬剤を使用する場合、腫れがあるため多くの部位に施術はできません。手のひらサイズの部位は最大4カ所までと設定しているクリニックが多くあります。治療を受けるときは、クリニックの先生と相談しながら注入する薬剤の量を決めましょう。
  • 注射の頻度と回数
    PPCやDOCを含む薬剤を用いた脂肪溶解注射の場合は、2~8週間に1回がおすすめ。BNLSの場合だと1~2週間に1回の頻度で施術を受けると良いですよ。回数はどちらの薬剤でも4回前後が目安となります。
  • もっと効果を実感するための注意点
    脂肪溶解注射を受ける際には、十分な水分補給が大切です。老廃物を流すために必要なので、コップ2杯分くらいの水分を積極的に摂取しましょう。また、施術後の腫れが引いたら、脂肪を分解・燃焼しやすくするために運動をするとより効果的です。

沖縄で脂肪溶解注射を受けられるクリニック一覧

那覇市

表参道スキンクリニック 沖縄院(旧:ワイエススキンクリニック 沖縄院)

対応している施術
  • 脂肪溶解注射
  • BNLS脂肪溶解注射
料金
  • 脂肪溶解注射:1本/50,000円
  • BNLS脂肪溶解注射:1本(1cc)/ 15,000円
  • 1dayスリムフェイス:
    1本(1cc) /通常4,950円、初回限定3,950円
特徴 ワイエススキンケアクリニックは2種類の薬剤を用いた脂肪溶解注射を提供しているクリニックです。BNLSの初回限定価格が4,000円以内のオトクなコースを用意しています。
所在地 沖縄県那覇市松尾2-8-19 ドンキホーテ国際通り店ビル5F
診療時間 12:00~20:00(火~土)、11:00~19:00(日・祝)

クローバー美容クリニック沖縄那覇院(旧:芦屋アイクリニック 沖縄那覇院)

対応している施術
  • BNLSneo脂肪溶解注射
  • メソセラピー
料金
  • BNLSneo脂肪溶解注射:1cc/16,500円
  • メソセラピー:1単位(10×10cm)/55,000円
特徴 クローバー美容クリニックでは、セルライトの除去に効果的なメソセラピーと腫れや痛みの少ないBNLSneo脂肪溶解注射を提供。痩せやすい体質になるように代謝をアップする成分を薬剤に配合しています。
所在地 沖縄県那覇市おもろまち4-17-21 ケイエムビル301
診療時間 10:00~19:00

ジョウクリニック沖縄院

対応している施術
  • メソセラピー
料金
  • メソセラピー:1本/16,000円
特徴 メソセラピーによる部分痩せが期待できるジョウクリニック沖縄院。1本あたり16,000円と比較的リーズナブルに施術が受けられます。
所在地 沖縄県那覇市牧志2-18-7 共伸産業ビル5F
診療時間 10:00~19:00

当山美容形成外科

対応している施術
  • ペリカン注射
  • BNLS注射
料金
  • ペリカン注射:ティツィアーノ10cc/50,000円、ミケランジェロ20cc/30,000円
  • BNLS注射:10cc/60,000円
特徴 当山美容形成外科は、ペリカン注射とBNLS注射による施術を提供しているクリニックです。ペリカン注射では肌に優しいティツィアーノや脂肪を体外へ排出するミケランジェロを使用しています。
所在地 沖縄県那覇市久茂地2-11-18
診療時間 9:00~12:00(月~土)、14:00~18:00(月~金)、14:00~17:00(土)

クリア・スキンクリニック那覇

対応している施術
  • BNLS脂肪溶解注射
料金
  • BNLS脂肪溶解注射:1部位/30,000円
特徴 施術後の痛みやむくみを最小限に抑えた脂肪溶解注射を実施しているクリア・スキンクリニック那覇。アレルギーのリスクも軽減している薬剤を皮下脂肪に注入します。
所在地 沖縄県那覇市安里2-9-8サンステーションビル2F
診療時間 ※2018年に閉院しました

湘南美容外科 那覇院

対応している施術
  • BNLS neo
  • 脂肪溶解注射MITI(マイティ)
料金
  • BNLS neo:1.0cc/3,900円
  • 脂肪溶解注射MITI(マイティ):5cc/29,800円
特徴 1ccあたり3,900円でBNLS注射を受けられる湘南美容外科那覇院。BNLS注射の他にも脂肪細胞を消失する成分を含んだ薬剤を注入する脂肪溶解注射MITI(マイティ)を導入しています。
所在地 沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル 2F
診療時間 10:00~19:00

東京美容外科 沖縄那覇院

対応している施術
  • BNLS neo
  • BNLS注射
  • 脂肪溶解注射
  • MITI(マイティ)
  • ダイエット注射
料金
  • BNLS neo:1本/12,000円、初回/8,000円
  • BNLS注射:1本/9,800円、初回/4,900円
  • 脂肪溶解注射:1cc/8,500円
  • MITI(マイティ):1バイアル/15,000円
特徴 東京美容外科沖縄那覇院では、4種類の脂肪溶解注射を取り扱っています。価格が比較的安く、BNLSは初回だけ4,900円で通うことができてオトクです。
所在地 沖縄県那覇市久茂地2-8-7久茂地KMビル7F
診療時間 10:00~19:00

宮城美容外科クリニック

対応している施術
  • 脂肪溶解サプリメント注射(メソセラピー)
  • 脂肪溶解サプリメント塗布薬(塗るタイプメソセラピー)
料金
  • 脂肪溶解サプリメント注射(メソセラピー):8,000円~
  • 脂肪溶解サプリメント塗布薬(塗るタイプメソセラピー):9,400円~
特徴 宮城美容外科クリニックでは、脂肪燃焼に効果的な炭酸ガスやサプリメントを注入する脂肪溶解注射を提供。また、サプリメントを塗るだけの脂肪溶解サプリメント塗布薬でも痩身効果を期待できます。
所在地 沖縄県那覇市前島2-2-13F
診療時間 10:30~12:00(月~土)、13:00~18:00(月・火)、13:00~18:00(木~土)

宜野湾市

新垣形成外科

対応している施術
  • BNLS
  • LipoBean
料金
  • BNLS:10cc/60,000円
  • LipoBean:10cc/60,000円
特徴 小顔治療に最適なBNLSとボディーの脂肪量を減らすLipoBeanの2種類を用意している新垣形成外科。患者1人ひとりの希望条件に合った治療法を提案してくれるクリニックです。
所在地 沖縄県宜野湾市宇地泊729
診療時間 10:00~13:00/14:30~18:00(月~水)(金・土)

中頭郡

美容形成外科ユートピア

対応している施術
  • 脂肪溶解注射
  • BNLSリポスカルプティング注射(小顔・輪郭形成)
料金
  • 脂肪溶解注射:1本/20,000円
  • BNLSリポスカルプティング注射(小顔・輪郭形成) :1本/18,000円
特徴 イオンモールライカムから車で4分の場所にある美容形成外科ユートピア。施術時間が短い脂肪溶解注射を実施しているので、ショッピングの帰りでも足を運びやすいですよ。
所在地 沖縄県北中城村島袋1628-3
診療時間 10:00~19:00(月~土)

北谷町

しんはま皮ふ科

対応している施術
  • BNLS
料金
  • BNLS:1単位/5,400円
特徴 しんはま皮ふ科では植物由来の成分を配合した腫れを最小限に抑えられるBNLSを導入しています。顔の輪郭や鼻をスッキリさせたい人におすすめです。
所在地 沖縄県中頭郡北谷町伊平250
診療時間 9:30~12:30/13:30~15:00(月)、9:30~12:30/13:30~16:00(火・水・金)、9:00~12:30(木)

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)