沖縄の美容皮膚科ガイドHOME » うちなー女性に聞く! 美容皮膚科のやりたい施術 » 沖縄で薄毛治療を受けるなら!沖縄の美容皮膚科ガイド

沖縄で薄毛治療を受けるなら!沖縄の美容皮膚科ガイド

美容皮膚科で受けられる薄毛治療

きれいな髪をなびかせる女性

沖縄が「美容皮膚科で受けたい施術」の第7位となったのが薄毛治療でした。薄毛というと男性の悩みというイメージがありますが、「出産を機に抜け毛がひどくなった」、「分け目が薄くなった」、「以前に比べて髪のボリュームがなくなった」などの悩みを持つ女性は多いようです。

近年ではシリコンシャンプーやヘアケア商品、カラーリングやパーマによる頭皮のトラブルも増え続けていますし、ホルモンバランスの変化なども薄毛の原因となっています。薄毛を改善するだけで5歳は若返ると言われていますから、薄毛も立派なアンチエイジングと言えます。

美容皮膚科での薄毛治療は男性を対象にした治療が主流でしたが、今では女性向けの薄毛治療の選択肢も増えています。女性向けの薄毛治療は、おもに成長因子を注入する方法や内服薬、外用薬などさまざま。カウンセリングが治療のカギとなりますので、しっかり話を聞いてくれるクリニックを選んでくださいね。

女性の薄毛「FAGA」とは?

女性特有の薄毛のことをFAGA(女性男性型脱毛症)と言います。「頭頂部の分け目が目立ってきた」「髪が薄くなって髪型が決まらない」など、薄毛に悩む女性の患者さんは全国に600万人以上もいるそうです。

そのため、最近は女性の薄毛に特化した専門クリニックも増えてきました。 男性の薄毛AGAと女性の薄毛FAGAは、発生するメカニズムや脱毛パターンが異なります。

AGAは髪が局所的に薄くなりますが、FAGAは髪が細くなり全体的に薄くなるのが特徴。女性ホルモンが影響しているため、このような違いが表れます。

女性の薄毛FAGAついてもっと詳しく見る>>

薄毛改善にはどんな方法がある?

薄毛治療には、内服薬の服用で発毛を目指すほか、育毛メソセラピー、HARG療法、植毛で改善する方法があります。これらは、症状や性別に合わせて医師のもとで選択するもの。例えば、ひと口に治療薬と言っても、男性の薄毛と女性の薄毛では服用する薬も異なります。

ここでは、薄毛の方に向けたそれぞれの治療法を詳しく解説。どんな治療法を受けようか考えている方はぜひ参考にしてください。

薄毛を改善する治療薬を紹介!

プロペシア(男性用内服薬)

男性のAGA改善に高い効果を期待できるプロペシア。女性は残念ながら使用できませんので、男性用として紹介します。

プロぺシアに配合されているフィナステリドは、AGAの元となるDHTを抑制します。DHTは5αリダクターゼとテストステロンが合わさることで発生するのですが、その5αリダクターゼを阻害して薄毛を改善するのがプロペシアです。

即効性はなく、短くても半年の使用は必要。1ヶ月~2ヶ月の使用だけでは効果が期待できないので続けることが大前提となります。

服用するとまれに肝機能障害などの副作用を起こす恐れがあるので、不安な人は医師に相談してから使用しましょう。

プロペシアの効果と沖縄で処方してもらえるクリニックをチェック>>

植毛

植毛は育毛剤や薬を使用して発毛させるのではなく、新しく毛髪を頭皮へ埋めていく治療法です。「薬剤では回復が見込めなかった」「早く改善したい」といった場合に植毛治療を受ける人が多いようです。

植毛の方法は2種類。1つ目の方法は「自毛植毛」です。自分の頭皮の中で毛髪が多い場所から毛根部を採取。薄くなった場所に移植する治療法です。メスを使用する方法と使用しない方法の2種類があります。

2つ目は「人工毛植毛」です。自毛植毛とは異なり、ナイロンやポリエステルといった人工的に作った毛髪を頭皮に植えていきます。異物を頭皮へ埋め込むことによって皮膚トラブルになる可能性があるので、十分な注意が必要です。