女性薄毛の特徴や原因とは

女性の薄毛は増加しており、現在では国内で600万人以上も患者がいるそうです。

男性の薄毛については、色々なところで原因や治療法を知る機会はありますが、女性の薄毛はなかなか知らないことばかり。そこで今回は、女性薄毛について紹介しています。

女性の薄毛の特徴や原因、適切に治療するためのアドバイスをしているのでぜひご覧ください。

今や男性でなく女性の薄毛も増加傾向

現代社会はストレス・食生活の乱れ・睡眠不足などが影響して、20代で薄毛に悩んでいる人が増加。薄毛に悩んでいる男性は1200万人以上もいるそうです。髪の毛が薄くなることは男性だけの問題だと思われがちですが、最近は薄毛に悩む女性も増えてきました。日本国内で600~1000万人と約10人に1人が薄毛に悩んでいると言われています。

そんな状況に応えるために、女性向けの薄毛治療薬やクリニックが多数存在。女性薄毛を改善するための環境が整備されてきています。

「FAGA(女性男性型脱毛症)」とは

男性の薄毛はAGA(男性型脱毛症)と言われますが、女性の薄毛はFAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれています。

男性型脱毛症のAGAはCMでもよくやっているので聞き覚えがある方も多いと思いますが、FAGAはAGAと比べてまだまだ認知度が低いです。

また、男性と女性の薄毛は、発症メカニズムや症状は別物。ここでは女性の薄毛FAGAについて詳しく解説しています。

「頭頂部の分け目が大きく目立っている」「髪がうすくなって髪型が決まらない」などでお悩みの方に向けた情報を載せていますのでぜひご覧ください。

FAGAの特徴

AGAは、髪の根元で男性ホルモンがDHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変化して、髪の成長を止めてしまうことで進行します。

実は、女性にも少ないですが男性ホルモンがあるのです。

FAGAは、髪を成長させる女性ホルモンが減り、反対に男性ホルモンが増えることで引き起こされます。

FAGAはAGAのように髪が局所的に薄くなるのではなく、髪の毛が細くなって、頭皮全体が薄くなるのが特徴。全体的に、前頭部と頭頂部付近が薄くなる傾向があります。

一般的に中高齢の女性に多く見られる症状で、AGAのように髪の成長がストップし、抜け毛が増加することで脱毛が進行します。

AGAとFAGAの違い

AGAとの大きな違いは、脱毛のパターンが違うことです。AGAは、頭頂部と髪の生え際が局部的に薄くなるのが特徴。その一方でFAGAは、髪が細くなることで全体的に薄くなっていきます。

AGAは、そのままにしておくと症状が進行して髪の毛が減り続けていきますが、FAGAは放っておいても減り続けることはありません。これは女性ホルモンが減少しても、一定量は分泌されるからです。

FAGAのメカニズムとは

男性ホルモンが増加

女性ホルモンが減少して男性ホルモンが優位になった場合に抜け毛が促進されていきます。

そもそも女性の毛髪寿命は約4~6年だそうです。髪を太く長くする「成長期」、その後毛根が退化する「退行期」を経て「休止期」に髪が抜け落ちます。

1日で髪が抜けるのは平均70~100本。しかし、老化やストレスなどが原因で女性ホルモンが減少して男性ホルモンの量が多くなると、休止期の期間が長くなります。すると成長期が短くなり、髪を作るもとになる細胞「毛包」が十分に成長できません。

そのため、毛髪はどんどん細くなり薄毛になるのがFAGAのメカニズムです。もちろん抜け毛には個人差があります。

FAGAの原因

加齢

歳を重ねると女性ホルモンは徐々に減少していきます。女性ホルモンの分泌が少なくなることで、男性ホルモンの割合が増加。髪の成長が抑えられて薄毛が起きやすくなります。

また、加齢により肌の潤いを保つコラーゲン・皮脂も減少。頭皮が乾燥して、ダメージを受けやすくなります。

出産後

妊娠すると女性ホルモンが大量に分泌されます。出産後は分泌された大量の女性ホルモンは必要なくなるため、身体が女性ホルモンの分泌を抑制。その際に、通常よりもホルモン分泌が低くなることがあるのです。このように出産した後に髪が抜ける症状を「分娩後脱毛症」と言います。

ストレス、食生活の乱れ

ストレスが溜まるとホルモンバランスが悪化しやすくなるため、血行が悪くなったり、男性ホルモンが優位になったりして薄毛になる恐れがあります。

現代は、加工食品やファストフードの影響で栄養が偏りがち。髪に必要な栄養素が不足して薄毛になる人も増加しています。食生活が乱れている方はバランスの良い食生活に見直しましょう。

FAGAを治療するなら専門クリニックがベスト

大切なのは、女性ホルモンのバランスを整えること。ストレスを発散したりバランスの良い食生活に変えるだけ改善できるかもしれません。早く改善させたいのなら、クリニックで治療を受けることが大切です。

皮膚科や専門クリニックで治療が受けられますが、皮膚科だと薬を処方するだけのところがほとんど。詳しい診察をするわけではなく、ただ処方薬を出されるだけです。そのため自分に合った治療ではない可能性も…。薄毛治療専門のクリニックへ行くことが最適でしょう。

専門クリニックはまず、患者1人ひとりの薄毛の原因を細かく診察。そこから進行状況や体質などにあわせて最適な治療を提案してくれます。

また、薄毛治療の経験が豊富なのも大きな魅力。有名なクリニックだと何万人もの女性の薄毛を診断しているので、効果的な治療が何なのか過去の症例から把握しています。

女性の薄毛は、なかなか相談できる相手がいないという問題も。専門クリニックでは先生や看護師が親身になって相談に乗ってくれるのも魅力です。治療の質だけでなく心のケアという部分でも、専門クリニックで治療したほうがいいでしょう。

ここでは薄毛でお悩みの女性にオススメの薄毛専門クリニックをいくつか紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)