プロペシア

男性型脱毛症(AGA)治療に効果的とされており、世界中で使われている「プロペシア」。そもそもプロペシアとは何なのかを解説しています。さらに、沖縄でプロペシアを処方してくれるクリニックをまとめているので、参考にしてみてください。

プロペシアとは

薄毛治療に効果的として人気のあるプロペシアとは、どういう薬なのでしょうか。ここではプロペシアについて説明していきます。

男性脱毛症の治療薬

プロペシアは、男性専用の脱毛症改善薬です。飲むタイプなので、「毎日飲むだけでいい」という手軽さが魅力。もともとは、「プロスカ―」という名前の薬で、前立腺肥大や前立腺ガンの治療に利用されていた歴史があります。毛髪の成長を促す副次的な効果が確認され、今では男性型脱毛症(AGA)の薬として使用されているのです。

世界60カ国以上で承認されていて、日本では、アメリカに本社を置く製薬会社「MSD株式会社」が販売しています。服用することで、脱毛を予防し毛根を強くするというのが嬉しいポイント。継続して使用することが前提で、臨床試験においても発毛効果が認められているのです。

プロペシアの効果や成分について

ここでは、プロペシアに含まれる効果や成分について解説していきます。

男性型脱毛症へのアプローチ

男性型脱毛症の原因として挙げられるのは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」が過剰に生成されるからだと言われています。5α-リダクターゼ(還元酵素)がテストステロンと結びつくことで生成されるホルモン。男性の身体を作るのに必要な成分ですが、多すぎると薄毛の原因となってしまうのです。

ただし、少なすぎると男性機能に影響を与えてしまう可能性があります。使用する場合は、適切な量を摂取する必要があるでしょう。

主成分はフィナステリド

プロペシアには、フィナステリドという成分が1mg含まれています。フィナステリドは5α-リダクターゼ阻害薬と言われており、男性型脱毛症の原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」を阻害する働きを持っているのが特徴。DHTは、5α-リダクターゼとテストステロンが結びついて生成されます。

男性ホルモンの一種であるDHTは、毛根細胞の働きを低下させる作用があり、AGAと深い関わりをもつホルモンなのです。フィナステリドを含有するプロペシアを服用し、DHTを適正な濃度に保つことで、男性型脱毛症の改善に期待できます。

できるだけ早い服用が効果的

服用する時期が早いほど薄毛改善効果に期待できます。プロペシアの成分が効果的に働くのは、生きている毛根だけだからです。毛根がない場合にはいくら飲んでも効果はありません。

毛根さえ生きていれば、プロペシアに含まれるフィナステリドが有効に働きヘアサイクルを改善してくれるのです。

ヘアサイクルさえ正常になれば、生き残っている毛根が活性化し毛髪が生えてきます。毛が抜けてからの毛根が機能しなくなるまでのタイムリミットは約5年から10年と言われているそう。

できれば、抜け毛がひどくなって5年以内で治療を開始するのが望ましいとされています。

プロペシアを手に入れるには

プロペシアの入手方法について紹介してきましょう。

医師から処方してもらう

プロペシアを入手する方法として一番おすすめなのが、医療機関にて医師から処方してもらうことです。厚生労働省から正式に認可されている治療薬なので、一般診療をしている病院や育毛・発毛クリニックで処方してもらえます。

処方されるプロペシアは、2タイプ。フィナステリドの含有量が0.2 mgと1.0 mgのものがあり、症状や体質などに合わせて医師が処方してくれます。

現在では、1.0mgのものが主流になっているようです。容量によって副作用が大きくなることはないとのことなので安心してください。

個人輸入代行を利用する

医療機関以外で入手する方法として、個人輸入代行を利用するという手もあります。これも正規の方法なので、違法性はありません。ただし、いくつか条件があります。

  • 自分で使うものだけを購入する
  • 他人が使うものを代わりに購入しない
  • 入手したものを販売したり譲渡したりしない

この条件に反してしまうと罰則の対象となるので気をつけましょう。基本的に個人輸入代行サイトを利用して、個人輸入を行ないます。日本語で書かれているので、特に問題なく利用可能です。

正規品のプロペシアを選べば成分もきちんと入っています。

海外にはフィナステリドを含んだ治療薬がいくつか存在していますが、有効成分が入っていない場合があり、品質にバラつきがあります。

個人輸入をするメリットは、誰にも知られず薄毛改善治療ができるということ。医療機関で治療を受けるのに抵抗がある人には良いかもしれません。料金は割高になってしまう場合があるので、注意してください。

医療機関から処方してもらうのがおすすめ

プロペシアは、医薬品で高い効果に期待できます。ただし、副作用や用法容量をしっかりと把握して服用しなければなりません。そのためにも、医療機関にて医師のカウンセリングを受けた上で処方してもらうことが望ましいでしょう。

大切な毛髪のことなので、安全に治療できることが何より重視したいポイントです。

プロペシアのジェネリック医薬品って?

日本で作られているプロペシアのジェネリック医薬品の特許は、MSD株式会社がもっています。

ジェネリック医薬品とは、特許期間の満了後に他の製薬会社が厚生労働省から許可を得て販売する薬品のこと。プロペシアのジェネリック医薬品は、フィナステリドを含んだ男性型脱毛症治療薬のことを指します。

他にも呼び方があり、後発医薬品やゾロと呼ばれることも。ゾロの由来は、特許満了後に「ぞろぞろ」とジェネリック医薬品が登場することからきていています。医療関係者の間でそう呼ばれることが多いようです。

国内ではファイザーやクラシエ、サワイといった製薬会社がジェネリック医薬品のプロペシアを発売しています。

ジェネリック医薬品のプロペシアの動向について

日本国内では、ファイザーがプロペシアのジェネリック医薬品をはじめて販売しました。その後、クラシエやサワイなどの製薬会社が次々に参入し、計6社が参入しています。

今後も取り扱う製薬会社が増えるかどうかは、市場の動向で変わってくるでしょう。

たとえば、バイアグラの場合は特許満了時の市場規模は46億円前後。特許満了後にバイアグラにジェネリック医薬品に参入会社は10社にもなります。

プロペシアの市場規模は2014年度で170億円前後になり、バイアグラの約3倍の規模。そのことから考えても参入してくる製薬会社が増える確率は高いと言えます。

プロペシアのジェネリック医薬品の価格

ジェネリックの登場によって大きく変わるのは、処方時の価格です。プロペシアは継続しなれば効果がなくなってしまうため、毎日飲み続ける必要があります。単価が高いと経済的な負担が大きくなり、服用を続けるのがむずかしくなってくるでしょう。

そのため、プロペシアを継続的に服用している人はできるだけ安い価格を求めています。正規品のみが売られているときは1錠250円だったプロペシアが、ジェネリック医薬品の登場によって約134円にまで下落。参入する製薬会社が増えれば、さらに下がる可能性もあります。

プロペシアの副作用と注意点

薄毛改善効果に期待できるプロペシアですが、服用の際は気をつけていきたい点があります。ここでは、副作用と注意点について紹介します。

副作用

プロペシアを服用する点で一番気になるのは効果ですが、その次に副作用も気なるのではないでしょうか。

もっとも怖い副作用は、肝機能障害。クリニックによっては、副作用の可能性も考えてプロペシアを服用開始した前後で検査を行ないます。

肝機能障害の怖いところは、自覚症状が出ないこと。サイレントキラーと言われるほど気づきにくいものなのです。血液検査をしてはじめて以上に気づくことがほとんど。

また、男性ホルモンを抑える効果があるため、前立腺ガンの予兆を隠してしまう可能性があります。それは、前立腺ガンのマーカー(ガンかどうかの数値)も下げてしまうからです。

健康診断受けるときは、担当の医師にプロペシアを服用していることを伝えましょう。

さらに、男性ホルモンを抑制する効果があるので、性欲が減退してしまう可能性もあります。確率的には1~5%ほど。

プロペシアを飲むことで性欲減退してしまうかもしれないと思い詰めると、EDになってしまうこともあるそうです。服用すると決めたら、あまり気にし過ぎなのもポイントだと言えます。

継続的に服用する薬なので、しっかりと副作用を把握しましょう。

注意点

  • 服用量
    プロペシアを服用する際に守ってほしいのは、服用量を守ることです。フィナステリドの含有量に関係なく、1日1錠が原則。1mg以上を摂取した場合の安全性は確認されていません。たくさん飲んだからと言って効果が上がるわけでなく、コストだけがかかってしまします。5mgを含んでいるタイプも存在しますが、高血圧や前立腺肥大の治療を受ける人向けの量です。
  • 肝機能
    肝機能に不安がある人も注意が必要。副作用の1つに肝機能障害があるからです。実際に不調を訴えたという報告は少ないということですが、念のため服用を控えるべきだと言えます。
  • 未成年
    男性ホルモンを抑制する薬なので、未成年の人は服用は避けましょう。DHTは男性器の生成にも関わっています。発達途中の未成年の内に服用すると、発達障害が起こってしまう可能性があるのです。飲みはじめることができる目安は20歳から。また、子どもがいる家庭の場合は、誤飲を防ぐため管理をしっかりと行ないましょう。
  • 女性
    女性は、プロペシアを服用できません。女性はもともと男性ホルモンが少ないので、効果が見られないのはもちろん、安全性も確認されていないのです。薬剤に触れるだけでも、影響を及ぼします。特に妊娠中の女性の場合は注意が必要です。胎児に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
  • 献血
    プロペシアを服用するとフィナステリドが血中に含まれます。献血によって提供した血液が、女性や妊婦に輸血されてしまう可能性も。どうしても献血をしたい場合は、服用を中止した1カ月後に行ないましょう。

沖縄でプロペシア処方しているクリニック

プロペシアを処方している沖縄のクリニックを紹介します。お近くのクリニックを利用してみてはいかがでしょうか。

那覇市

表参道スキンクリニック 沖縄院

料金 8,000円
クリニックの特徴 表参道スキンクリニックは、発毛専門クリニックとして年間12,000人以上の薄毛治療を行なっています。経験豊富なカウンセラーが、毛髪に関する悩みを無料でカウンセリング。症状に適した治療法を提案してくれます。
所在地 沖縄県那覇市松尾2-8-19 ドン・キホーテビル5F
診療時間 12:00~20:00(火~土)、11:00~19:00(日・祝)

クローバー美容クリニック(旧:芦屋アイクリニック 沖縄那覇院)

料金 10,185円
クリニックの特徴 沖縄と芦屋に展開している、美容皮膚科と美容整形を専門にしたクリニック。プロペシアとHARG療法を同時に行なうことで男性型脱毛症の治療により効果的に改善していきます。
所在地 沖縄県那覇市おもろまち4-17-21 ケイエムビル301
診療時間 10:00~19:00

ジョウクリニック沖縄院

料金 記載なし
クリニックの特徴 那覇の中心にクリニックがあるため、モノレールやバス、車でのアクセスしやすい立地です。プロペシアをはじめ、独自のJOE毛髪再生プログラムを用意。丁寧なカウンセリングで薄毛治療を行ないます。
所在地 沖縄県那覇市牧志2-18-7 共伸産業ビル5F
診療時間 10:00~19:00

那覇かなぐすく皮膚科

料金 記載なし
クリニックの特徴 一般皮膚科と美容皮膚科の診察を行なっているクリニック。院長の金森医師は地元と小禄に貢献したいという思いから、クリニックを開院しました。男性型脱毛症の治療にプロペシアを処方し、生活習慣の改善も同時に行ないます。
所在地 沖縄県那覇市金城5-11-6 小禄ガーデンビル1F
診療時間 8:45~12:00(月・火・水・金)、13:45~17:00(月・火・水・金)、8:45~14:00(土)

当山美容形成外科

料金 6,500円
クリニックの特徴 開院から63年の歴史を持つクリニック。沖縄で長年培ってきた技術で、的確な治療を行ないます。プロペシアをはじめ、単一植毛(チョイ式)やメソヘアー注射、ザガーロなども取り扱っているとのことです。
所在地 沖縄県那覇市久茂地2-11-18
診療時間 9:00~12:00(月~土)、14:00~18:00(月~金)、14:00~17:00(土)

クリア・スキンクリニック

料金 9,000円
クリニックの特徴 最先端の技術を取り入れた施術を行なうクリニック。プロペシアやリアップを使って薄毛治療に取り組んでいます。国道沿いにクリニックをかまえており、屋内駐車場付きなのでアクセスしやすいのも◎。
所在地 沖縄県那覇市安里2-9-8 サンステーションビル2F
診療時間 ※2018年に閉院しました

湘南美容外科 那覇院

料金 6,500円
クリニックの特徴 皮膚科の専門医が在籍するクリニック。プロペシアやオリジナルの内服薬を用意して薄毛治療にあたります。公式サイトでは、症例数1,500枚の画像を掲載しているので、効果を確認したい人は要チェック。
所在地 沖縄県那覇市久茂地1-3-1 久茂地セントラルビル 2F
診療時間 10:00~19:00

東京美容外科 沖縄那覇院

料金 7,000円
クリニックの特徴 那覇市久茂地という好立地にあるクリニック。血液検査を行なうことで、プロペシアが体に合うかどうかを調べます。正規品のプロペシアを扱っているため、安心して服用可能です。
所在地 沖縄県那覇市久茂地2-8-7 久茂地KMビル7F
診療時間 10:00~19:00

ひろ耳鼻科皮膚科形成外科

料金 15,000円
クリニックの特徴 2016年にオープンしたばかりの新しいクリニック。専門医によるカウンセリングを行ない、最適な治療を提案します。薄毛になるメカニズムや治療内容、料金などを説明。採血検査をすることで、プロペシアを投与しても問題ないか判断します。
所在地 沖縄県那覇市上之屋1-18-36 沖縄映像センタービル2F
診療時間 9:00~18:00(月~金)、9:00~13:30(土)、14:30~18:00(土/予約)

沖縄市

いくみ皮ふ科クリニック

料金 記載なし
クリニックの特徴 医学博士と日本皮膚科学会認定専門医の資格を持つ院長が在籍するクリニック。自費診療にてプロペシアの処方を行なっています。AGAのメカニズムを分かりやすく説明。長期的な治療で改善を目指します。
所在地 沖縄県沖縄市比屋根6-27-17 2F
診療時間 9:00~12:30(月・火・木・金)、14:00~18:00(月・火・木・金)、9:00~14:00(水・土)

プロペシア以外のAGAに効果的な薬

プロペシアのほかにもAGAに効果的な治療薬はあります。その一覧をまとめてみました。

フィンペシア

インドの製薬会社がフィナステリドを主成分として開発した男性型脱毛症治療薬。プロペシアのジェネリック医薬品として紹介されることもありますが、ジェネリック医薬品ではないとのことです。

フィナロ

フィナステリドを主成分とした医薬品で、これもフィンぺシア同様にインドの製薬会社が製造・販売しています。価格がとても安いのが特徴で、経済的な理由でこちらの薬を使う人もいるようです。

ザガーロ

2016年から販売が開始された男性型脱毛症治療薬の新薬です。デュタステリドという成分を含有。フィナステリドよりも強い効果があると言われており、人気を博しています。

ロゲイン

アメリカのファイザー社が開発した外用薬タイプの治療薬。有効成分としてミノキシジルが含まれています。ミノキシジルは、高血圧患者向けの薬として開発されました。副作用として発毛作用が確認されたので、薄毛治療薬として使われるようになったのです。

オリジナル内服薬

男性型脱毛症の治療を専門にしているクリニックでは、オリジナルの内服薬を取り扱っているところも。たとえば、フィナステリドとミノキシジルを組み合わせて、両方の効果を同時に引き出すことがあります。オリジナルの内服薬は料金や成分に差があるので、詳細は取り扱いのあるクリニックへ確認しましょう。

今、一番予約が取れないレーザー脱毛
話題の美容皮膚科を徹底リサーチ!

リーズナブルな医療レーザー脱毛が話題を集めている表参道スキンクリニック沖縄院。ハイシーズンには、予約が取れなくなるほどの人気のクリニックです。
脱毛ばかりに目が行きがちですが、実は美容皮膚科としても10年以上の実績があるクリニックなんです。
今回は、そんな表参道スキンクリニック沖縄院に取材をしてきました。以下の特集ページで紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

表参道スキンクリニック沖縄院の公式HP画像引用元:表参道スキンクリニック(https://omotesando-skin.jp/)